普通じゃダメだといわれて・・・。

うちのワンコ、あ、犬の名前はさちといいます。

ちょうと年齢的にも中間ではないかと思うのですが、5歳。

わがやにやってきた最初のワンちゃんです。

実は先日我が家に友達が遊びに来たとき、その友達のところにも犬がいるのですが、「ペットフード、これあたえているの?」といわれました。

内野はスーパーなどに打っている極普通のタイプ。

粗悪品でも安価な物でもなく、CMでもやっているごく標準の物を与えていました。

「これ、まずいんじゃない?」というのです。

味がまずいのではなく、犬の体調などを考えると食事は大切だと力説していたのです。

その友達に言われて感化されたわけでもなく、確かに家族として考えると、さちも健康を考えた食事にしないといけないなと思ったのです。

これから私たち家族のドッグフードの選考へのこだわりが始まりました。

いい物ではなく、健康を第一に考えた物をと探すようになりました。

家族として考えるなら当然ですよね。

物を言わない家族であるからこそ、こちらもしっかりと管理して大切に育てていかないといけないのですから。