この肉が普通なら一般のは・・・?

まず私の勝手な偏見でいいますと、プレミアムドックフードはとにかく高い!

上質なお肉を使っているからだと思いました。

でもよくよく考えてみると、人間がそのドッグフードを食することができるということは、元が本来食事ができるお肉であるということ。

ということは人間の食べる肉の値段に換算すると、それほど高いわけではなく極普通の値段なのです。

例えばシニア犬向けのプレミアムドッグフードが価格高めなものが多いのですが、有名なモグワンなんかはそのお値段3500円もするらしい!

(価格調査はこちらのレビューサイトを参考にしました。⇒モグワンの特徴と購入方法(通販)について

 

確かに他の市販フードに比べると高いですけど、一ヶ月で3500円しかかからないって考えると、そんなに高くない気もしますよね?

 

つまり、質とコスパで考えると高すぎるって事は無いんです。

ということを想定してもう一度ドックフードで計算してみると、市販で売られているドッグフードは、安価な肉だということはよくわかります。

その肉を犬が食べるからといって、何でもいいというわけではなく、そこにとにかく添加物を大量にもってきているわけですから絶対に良いわけがありません。

私たちが食べる肉に添加物を使うってどう?

まあ絶対にそんなことは認めませんものね。

イヌは鼻がとてもよく効きます。

それをゴマカせても食べさせるということはいかに添加物のにおいをおし潰すような薬剤がふくまれているかということです。

それを考えるだけでもぞっとしますよね。

それ私がさちに与えていたとなると、とても申し訳ないという気分になりました。

プレミアムのその意味

その友達に教えてもらったのは、プレミアムドッグフード。

ネーミングからしてもやっぱりすごいですよね。

でも名前だけで大したことはないなぁとおもってしまいました。

しかしそれは大きな勘違いだということがわかったんですけどね。

市販で売られているものは良いものであまり売られていないものはたいしたことがないという先入観があったからかもしれません。

でも友達いわく、その中に含まれているのがなぜプレミアムと呼ばれているのかというのを教えてくれたのです。

それを見てなるほどなと思ったのです。中身だけではなかったです。実はその凄さはその肉にあったのです。

ここで一気に説明するのではなく、数回を持って説明しないといけないほど大切なことだと思います。

名前が単に素晴らしいだけではないのです。

安全に食べられるという意味ではそのまま人間が食べてもおかしくないぐらいの価値のあるフードということです。

だからこそ大切な愛犬に与えることができる。

といえるのでしょうね。

自信を持って提供するからこそプレミアム。

さすがだなと思いました。

19さちにはぴったりです。