やっぱりすごいぞ

外でかっているのではなく、室内犬は運動不足の場合肥満になるということはわかります。

しかしこのプレミアムドッグフードをよくよく調べてみると、この点もよく考えられているんですよね。

外で飼っている犬ばかりでないわけで、もちろん室内犬のことも考えて作られていることがよくわかります。

なぜならば、ここに書かれていたわけですが、穀物に関しては含まれていないということなのです。

穀物は、実は犬にとっては九州も消化もできないと言われています。

つまり、とっても栄養にならないので逆にトラブルの原因になってしまうということなのです。

つまりトラブルになってしまったり、違った栄養になってしまうということも
あります。

このプレミアムドッグフードの場合、穀物はふくまられないということそして、
材料としてはいっているものは高蛋白で低炭水化物だということですので、犬に最適な食事バランスとなっている点がこの特徴にあります。

なんだかこのドックフードの宣伝みたいになってしまいますが本当にこちらとしても興奮してしまいますね。

それぐらいすてきなものを与えてほんとによかったなと思ったからです。

室内犬ということ

いい忘れていましたが、うちのワンちゃんは室内で飼っています。

他のワンちゃんはどれほどかわかりませんが、うちのはとにかく走り回っています。

これを運動と言えるかどうかわかりません。

でも外に出してリードをつけて散歩させることがないので、実際のところ外で飼っている犬よりも運動不足と言えるかもしれません。

そこで考えたのです。

同じプレミアムドッグフードを与えたとしても、外で飼っている犬と家の中で飼っているのでは、消費カロリーが違うのではないかということ。

しっかり栄養を取ることは確かに大事ですが、本当にそれがきちんと栄養として消化されているのかどうか。

肥満になって来ないのかどうかということなどいろいろ考えることがいっぱいあります。

 

幾らいいえさで健康に過ごせるからといっても運動不足になって肥満になってしまっては意味がありませんからね。

この点についても、もう少し深く考えていかなければならないところではないかなと思っています。

家族の一員ですものね。

理にかなう

幾ら犬が食べるからといっても限界がありまして、そのためえさの中でしっかりと栄養があるものを与えたいと思うのが飼い主の願いであり、つとめだと思っています。

お腹いっぱい食べれたら良いというのではなく、量的にすくなくても、しっかりと栄養がとれていて元気でいてくれるなら、それでいいと思ったのです。

そうなるとやっぱり友人から紹介されたプレミアムドッグフードが一番栄養的にもいいかなと思っています。

もちろん高級だからというわけではなく、成分もしっかりと書いてあり、それに基づいて、愛犬が健康ですくすくと育ってくれるということを感じられるのがいいですね。

やっぱり信頼のできるものをしっかり与えることがとても大切だと思います。値段が仮に高くてもそれは度外視して、病院通いすることを考えると安いと思えばむしろ経済的なのかなと思ったりします。

愛犬と費用に関してはずっとつきまとっていくものですが、
そういった点もプレミアムフードは理にかなってると思います。

食いつきについて

プレミアムは食いつきが違う、といいたいのですが、あまり変わらないかな。

たぶんなんだけど、プレミアムは本物。絶対においしい。

でも、市販の売られているプピュラーなものは味付けされている分、おいしそうなんだと思う。

さちの気持ちにならないと分からないけど、高級な料理もいいけど、B級グルメもまたおいしいから。

たとえが悪いですけどね。

とにかく、ドッグフードに対してそれ頬違いは無かったかな。

もちろん犬の種類や年齢・性別など条件がかわればまた違うと思います。

ただ、一つ違いがあって、それはのこすかどうか。

市販の物は時折残すことがあります。

プレミアムは間違いなく残しません。これがすごい。

食材へのこだわりは人間や犬など関係なく、共通するんでしょうね。

後、贅沢な食事とはまたちがうとだけいいたいですね。

値段は確かに高い。でも、それはお金の価値観で、犬にはかんけいのないことですものね。

いいものはやはりうまいんだなあとつくづく思います。

この肉が普通なら一般のは・・・?

まず私の勝手な偏見でいいますと、プレミアムドックフードはとにかく高い!

上質なお肉を使っているからだと思いました。

でもよくよく考えてみると、人間がそのドッグフードを食することができるということは、元が本来食事ができるお肉であるということ。

ということは人間の食べる肉の値段に換算すると、それほど高いわけではなく極普通の値段なのです。

例えばシニア犬向けのプレミアムドッグフードが価格高めなものが多いのですが、有名なモグワンなんかはそのお値段3500円もするらしい!

(価格調査はこちらのレビューサイトを参考にしました。⇒モグワンの特徴と購入方法(通販)について

 

確かに他の市販フードに比べると高いですけど、一ヶ月で3500円しかかからないって考えると、そんなに高くない気もしますよね?

 

つまり、質とコスパで考えると高すぎるって事は無いんです。

ということを想定してもう一度ドックフードで計算してみると、市販で売られているドッグフードは、安価な肉だということはよくわかります。

その肉を犬が食べるからといって、何でもいいというわけではなく、そこにとにかく添加物を大量にもってきているわけですから絶対に良いわけがありません。

私たちが食べる肉に添加物を使うってどう?

まあ絶対にそんなことは認めませんものね。

イヌは鼻がとてもよく効きます。

それをゴマカせても食べさせるということはいかに添加物のにおいをおし潰すような薬剤がふくまれているかということです。

それを考えるだけでもぞっとしますよね。

それ私がさちに与えていたとなると、とても申し訳ないという気分になりました。

プレミアムのその意味

その友達に教えてもらったのは、プレミアムドッグフード。

ネーミングからしてもやっぱりすごいですよね。

でも名前だけで大したことはないなぁとおもってしまいました。

しかしそれは大きな勘違いだということがわかったんですけどね。

市販で売られているものは良いものであまり売られていないものはたいしたことがないという先入観があったからかもしれません。

でも友達いわく、その中に含まれているのがなぜプレミアムと呼ばれているのかというのを教えてくれたのです。

それを見てなるほどなと思ったのです。中身だけではなかったです。実はその凄さはその肉にあったのです。

ここで一気に説明するのではなく、数回を持って説明しないといけないほど大切なことだと思います。

名前が単に素晴らしいだけではないのです。

安全に食べられるという意味ではそのまま人間が食べてもおかしくないぐらいの価値のあるフードということです。

だからこそ大切な愛犬に与えることができる。

といえるのでしょうね。

自信を持って提供するからこそプレミアム。

さすがだなと思いました。

19さちにはぴったりです。

普通じゃダメだといわれて・・・。

うちのワンコ、あ、犬の名前はさちといいます。

ちょうと年齢的にも中間ではないかと思うのですが、5歳。

わがやにやってきた最初のワンちゃんです。

実は先日我が家に友達が遊びに来たとき、その友達のところにも犬がいるのですが、「ペットフード、これあたえているの?」といわれました。

内野はスーパーなどに打っている極普通のタイプ。

粗悪品でも安価な物でもなく、CMでもやっているごく標準の物を与えていました。

「これ、まずいんじゃない?」というのです。

味がまずいのではなく、犬の体調などを考えると食事は大切だと力説していたのです。

その友達に言われて感化されたわけでもなく、確かに家族として考えると、さちも健康を考えた食事にしないといけないなと思ったのです。

これから私たち家族のドッグフードの選考へのこだわりが始まりました。

いい物ではなく、健康を第一に考えた物をと探すようになりました。

家族として考えるなら当然ですよね。

物を言わない家族であるからこそ、こちらもしっかりと管理して大切に育てていかないといけないのですから。

犬の事について書く

初めてブログを書きます。犬のことについて書いて行こうかと思っています。

いぬのことだけを紹介するならばインスタグラムなどそういったものにのせていけばいいのかもしれません。

またfacebookでもいいのかもしれません。

でも私がここで書いていきたいと思っていることは何かといいますと、ドッグフードのことです。

人間も食事がとても大切です。

もちろん家族の一員である犬も食事が大切です。

そして私は今まで市販で売られているポピュラーなドッグフードを与えていました。

それでいいものだと思っていました。しかし、結論から申し上げますと、それだけでは不十分であったり、犬にとっては、かえって健康を害してしまうようなものも含まれていることに気づいたのです。

友達に教えてもらった物もいろいろあります。

そして、プレミアムドッグフードというものを教えてもらいました。

これについてこれからいろいろ書いていきたいと思います。

いろいろ気づいたらかいて行きますので、犬仲間同士感じるものがあると思いますのでぜひ参考にしてみて下さい。